×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

摂食障害だとうつになりやすい

摂食障害だとうつになりやすいになるでしょう。摂食障害とうつは関係していて、摂食障害が原因でうつになる場合もありますし、うつが原因で摂食障害になる場合もあるのです。

例えば、うつ病になるとその辛さを軽減させるために食べ物をたくさんたべることがあって、これが摂食障害を引き起こします。また摂食障害になると精神的にも不安定になってしまいますから、どんどん気持ちが落ち込んでいきます。

その結果、心が病んでしまってうつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)になるというケースも珍しくありません。そもそも、摂食障害もうつ病と同じ心の病気なので、関係していて当然といえば当然です。

摂食障害が原因で鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)を発症させてしまうと二重の苦しみを味わうことになるので、できれば発症させないようにすれねいうのが理想です。

早めに治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を開始すれば、うつ病の発症を効果的に抑えることができるので、摂食障害かもしれないと感じた場合はすぐに病院に行かれた方がいいでしょう。それがうつを発症させない最もベストな方法です。